オリジナル商品

SW橋

SW橋を設計するに当たっての留意事項

各種道路橋の構造特性の比較(支間18m、B活荷重の場合)

下の4橋を比較してSW橋を採用します。

PC橋

 コンクリートは重くてもろいから、地震に不利である。プレテンPC橋は連続桁形式にできないから、走行性が悪い。橋を架け替える場合、リサイクルができず、産業廃棄物になる。わが国の一年間のコンクリートの産業廃棄物は約7000万トンに達する。

HBB橋

 コンクリート床版は10年足らずで亀裂が発生し、維持費がかかる。連続桁形式にした場合、空間橋脚位置の負の曲げモーメントにより、コンクリート床版に引張亀裂が発生する。コンクリートは産業廃棄物となる。

木橋

 木橋は軽いから、地震に有利である。木はぬくもりがあり、自然と人にやさしいから、公園などによい。木製床版は痛みやすく、橋面排水性が良くないから、雨水が木製床版を汚染し、維持費がかかる。木材だけの木橋は強度が弱いから、長支間の橋は設計できず、工費も非常に高い。

SW橋

 SW橋は主桁に国産のスギやカラマツの間伐材が使えるので木材の地場産業に貢献する。外観は木橋であるから、ぬくもりがあり人と自然にやさしく、素材が木と鉄であるからリサイクルができる。床版の鋼床版は耐荷力が抜群で、橋面排水性が良いから、100年の寿命が期待でき、全体がプレハブ式に設計されているので、現場施工が簡単で速い。連続桁形式に最適で走行性がよく、コンクリート橋の3分の1の重さなので地震に有利で、下部工費も安く、従来のPC橋に比べて10%程度総工費が安い。SW橋は木主桁が鋼床版なのでB活荷重対応で長支間の橋が設計できる。

(渡辺昇名誉教授の資料による)

設計手法について

SW橋の設計・製作・架設などについては、道路示方書・鋼橋編や耐震設計編を用い、構造用製材や構造用集成材についてはJASの規格を用いるので、特別な指針や示方書は必要ありません。

問い合わせ先

株式会社 翠豊
〒509-1112  岐阜県加茂郡白川町赤河358-1
TEL:0574-73-1458 FAX:0574-73-1963

特許について

SW橋の特許権者は、渡辺 昇氏と(株)シビル設計コンサルタントにあるので、SW橋の設計、製作、施工などの業務の実施に当たっては、事前に特許権者の承諾を得る必要があります。


 
株式会社翠豊
〒509-1112
岐阜県加茂郡白川町 赤河358-1
電話: (0574)73-1458
FAX: (0574)73-1963
IP: 050-3387-7755